YouTube集客を左右する「再生回数を稼ぎまくる動画」を作る5つのコツと厳選集客方法3選

YouTubeに動画をアップして売り上げを上げたいという方は多く、実際に動画をアップして集客に成功している店舗は増加傾向にあります。

その一方で、どのような動画をどのようにして作れば良いのか分からないと困っている方もいらっしゃいます。

YouTubeはあらゆる業界において非常に重要なアピールの場となっているため、集客に有効活用できないのはかなり損をしているといっても過言ではありません。

そこで、YouTubeで集客したくても具体的な方法が分からないせいで実行できていないとお困りの方に、YouTubeで再生回数を稼げる動画をアップするコツや、アップした動画を利用した集客方法を伝授します。

1.YouTube集客はコツが分かれば誰でもできる

YouTubeに動画をアップして集客するのは難しそうだと考えている方が大勢いらっしゃいますが、実はそこまで難しいものではなく、コツさえ分かれば誰にでもできます。

YouTube集客は難しそうだという気持ちを和らげていただくためにも、誰でもできる理由をお教えします。

1-1. YouTubeにアップする動画は簡単に作れる

YouTubeにアップする動画を作るのは大変そうだというイメージの他に、「特別なスキルや機材が必要なのではないか」といったことや、プロに依頼した方が良さそうだと考えている方もいらっしゃいます。

しかし、YouTubeの動画に大げさな機材やスキルなどは必要なく、撮影はスマホカメラで十分であり、編集作業も専用のアプリを使えば素人でも簡単にできてしまいます。

そもそも特別なスキルなしで簡単に動画を作ってアップできることが、多くのYouTuberが生まれている理由でもあるため、「自分にそんなことができるだろうか?」と気負わなくても大丈夫です。

1-2. YouTube集客は「再生回数を稼ぐ動画を作るコツ」が成功の鍵を握る

YouTube集客は動画という大きな特徴があるため、特別な知識やスキルを使ってすごい動画を作ることが必要だと思ってしまうかもしれませんが、それよりも重要なのは多くの視聴者の心を掴むことです。

つまり、「再生回数を稼ぐ動画を作るコツ」を知っているかどうかが、YouTube集客の成功の鍵を握っています。では、そのコツとは何なのでしょうか?

2.YouTube集客を左右する再生回数を稼ぐ動画を作る5つのコツ

ここからは、YouTubeで再生回数を稼ぐ動画を作るコツを5つ解説します。どれも視聴者に見てもらうための重要な要素であるため、しっかり覚えるようにしてください。

2-1.視聴者が求めるテーマを選ぶ

ほとんどの視聴者は最初から見たい動画のジャンルが決まっており、それを検索して動画を見ています。例えば腰痛の解消方法を探している人は、最初から腰痛体操など腰痛の治し方にフォーカスした動画を探します。

つまりYouTube集客で再生回数を稼ぐためには、ターゲットが求めているテーマで動画を作成し、動画検索の時に使われるキーワードにひっかかるようにアップする必要があります。

このことから動画を作成する時は最初に、ターゲットとなる視聴者がYouTubeでどんな動画を見たいと考えているのかリサーチすることが不可欠です。

これは、ターゲットが使いそうなキーワードで実際にYouTubeの動画を検索してみたり、お客さんに意見を聞いてみるなどすると良いでしょう。

2-2.最初の10秒で視聴者の心を掴む

視聴者の多くは動画を見る際に、最初の10秒から15秒以内でその動画を見続けるかどうか判断しています。つまり動画を最後まで見てもらうためには、最初の10秒で視聴者の心を掴めるかどうかが勝負になります。

従って動画を作る時は、この動画の内容はどのようなもので、視聴者にとってどのようなメリットがあるのか、最初にきちんと伝えなければいけないことを覚えておいてください。

2-3.動画の長さは3分にする

ほとんどの人は基本的に3分程度で集中力が切れてしまうので、たとえ最初の10秒や15秒以内で惹きつけることができたとしても、動画の長さが3分以上だと見るのをやめてしまう確率が高くなります。

そのため、動画の長さは基本的に3分程度で、長くても5分以内に収めるようにしましょう。

2-4.ムダな間は徹底的に省く

動画はムダな「間」が1秒や2秒あるだけでも違和感を覚えてしまい、つまらないと思われてしまう可能性があります。テレビ番組などが編集をされているのは、このような理由が大きいと考えられます。

違和感は視聴者が離れる要因になるので、ムダな「間」は徹底的に省くようにしましょう。

具体的な方法として、スマホ用の編集アプリ「Cute CUT」を使えば簡単に動画を編集できるので、このアプリを使って「間」を潰していくと良いでしょう。

2-5.テロップを入れる

バラエティ番組などでテロップが入っているのは、言葉を文字で可視化することで言っている内容がよく分かり、面白みが増して退屈感が無くなるからです。

YouTubeの動画も同様の理屈で、大事なセリフや見るだけでは伝わりにくい部分などにテロップを入れることを推奨します。テロップはスマホ用の編集アプリ「Cute CUT」を使えば簡単に入れることが可能です。

2-6.視聴者を来店させる導線を作る

動画を見てくれた視聴者に対して、お店に誘導することを忘れてはいけません。

動画の最後に視聴のお礼を述べるとともに、「ホームページでさらに詳細な情報を発信しています」といったことや、「気になる方はぜひいらしてください」などの導線を入れることが大切です。

また、動画の説明欄に来店や予約へ誘導するページのURLを記載しておきましょう。必要に応じて、メルマガやLINE、TwitterなどのSNSに誘導するのも良い方法です。

3.YouTubeにアップした動画を使った効果的な集客方法3選

再生回数を稼ぐ動画を作るコツが理解できたところで、その動画を使ってYouTube集客を行う具体的な方法を、3つ厳選してご紹介します。

動画を作る際の5つのコツと合わせて実践することで効果的な集客を行い、売上アップにつなげましょう。

3-1. YouTubeチャンネルを作る

YouTubeチャンネルはアップした動画をまとめて置いておく場所のようなもので、視聴者がすぐ見たい動画や、後で見たい動画を見つけるためにアクセスする場所でもあります。

YouTubeチャンネルはファンの数や再生回数を伸ばすために重要なものなので、ぜひとも作成することを推奨します。

YouTubeチャンネルを作る時は個人アカウントではなく、ブランドアカウントを使うことで個人情報を守ることができるとともに、お店や商品などのブランディングに特化したチャンネルを作ることができます。

3-2. YouTube内検索で引っかかる動画をアップする

あまり知られていないかもしれませんが、YouTubeは世界第2位の検索エンジンであり、Googleと同じように検索キーワードに対して上位表示させるシステムがあります。

つまり動画を上位表示させることができれば、それだけ多くの視聴者の目に留まって再生回数やファン数を獲得することが可能になります。

このことを知って動画をアップするのとしないのとでは、結果が段違いです。

それでは、動画を上位表示させるためには何をすれば良いかというと、タイトルや説明欄、タグに検索を狙いたいキーワードを必ず入れるようにしましょう。

ただし、タイトルや説明欄に不自然なほどキーワードを多く入れると、売り込もうという姿勢が見えすぎて逆効果になる可能性があるので、ひと目見て何の動画か分かる程度に入れ込むと良いでしょう。

また、狙いたいキーワードでのタグ付けも忘れずに行いましょう。

3-3.クリックを誘う仕組みを作る

書籍が売れるかどうかは、パッと見のタイトルで決まるといわれており、それは動画も同じです。

タイトルとともに、動画の一覧画面で表示される小さな画像であるサムネイルで目を引いて、クリックさせることが大切です。

サムネイルは画像サイズが小さいので、作る時は小さく表示させて見やすさや目立つかどうかを確認すると良いでしょう。

また、再生回数も視聴者が動画を選ぶ重要な指標となるので、お店の既存客や見込み客に動画を紹介して見てもらうように誘導しましょう。TwitterなどのSNSに添付して、拡散を狙うのも一つの手です。

4.まとめ

TwitterやInstagramが検索ツールの主流となりつつあるように、YouTubeはユーザーが欲しいと思う商品やサービスを知るための情報源として、存在感を増しています。

そのため、YouTubeに動画をアップするのは難しそうだと敬遠してしまうのは、せっかくの集客の機会を逃してしまうことと同じであり、非常にもったいないことです。

従って、まだYouTube集客に踏み切れていない方は良い機会なので、今回ご紹介した動画を作るコツや集客の具体的な方法をぜひ参考にしていただき、YouTubeをうまく利用して集客を行い、売り上げアップにつなげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です